注目の投稿

リスク寄与度を均一にする「リスク・パリティ・ポートフォリオ」

最近の状況ですが、横ばいが続いており、可もなく、不可もなくといった感じです。

債券価格が下がって、金利は上がる!なんて記事を何度も書いてきましたが、どうもそのような気配はありません。

でも、今のような低金利が続く状況をおかしいと思っていることに変わりはありません。

引き続き、債券ベア投信を買い続けていく所存です。

-----

さて、今日は、リスク・パリティ・ポートフォリオを考えてみようと思います。

ポートフォリオのリスクは、複数の資産がもつボラティリティ(標準偏差)とそれぞれの共分散と各資産の組入比率から算出されます。

このポートフォリオのリスクが最小になる構成比率で組み合わされたポートフォリオを「最小分散ポートフォリオ」と言います。

一方、「リスク・パリティ・ポートフォリオ」は、各資産のポートフォリオに対するリスク寄与度が均等になる構成比率で組み合わされたポートフォリオを刺します。

「リスク・パリティ・ポートフォリオ」については、こちらのブログで何度も説明されており、前から気になっていました。

Masaoの「ハーバード流投資術」-資産運用をアツくしよう!
http://masaolog.com/

すごく簡単なレポートがありました。

An Introduction to Risk Parity - Hossein Kazemi
http://people.umass.edu/~kazemi/An%20Introduction%20to%20Risk%20Parity.pdf

レポートでは、資産Aのリスク寄与度を算出するには、以下の式で、ということです。

資産Aの組入比率 × [{(資産Aの組入比率 × 資産Aの標準偏差の2乗) + (資産Bの組み入れ比率 × 資産Aと資産Bの共分散)} ÷ ポートフォリオの標準偏差]

資産Bについてもリスク寄与度を算出し、それぞれのリスク寄与度が均等になった組入比率で作成したポートフォリオが「リスク・パリティ・ポートフォリオ」となります。

レポートでは、「Barclay Capital Global Bond Index」と「MSCI World Equity Index」を使った「リスク・パリティ・ポートフォリオ」を例として出しています。

このレポートの結果として、上記INDEXを60:40の比率で組み入れたポートフォリオを比べ、リスクは低く、リターンは同程度(過去データ)となったようです。

ざっと目を通しただけですので、後半は理解できてませんが、平易な英語なので、時間を作って読んでみようと思います。

面白い考え方ですが、過去のボラティリティ、共分散からだけで得られるリターンには限界があるでしょう。

どの資産がどれだけのボラティリティになり、資産間の共分散がどのように変化していくかの予測nの精度がリターンを左右しそうです。

この点は、どの戦略でも変わりませんが。。。笑

既に運用されている投資信託として、こちらの銘柄があります。

リスク・パリティαオープン
https://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2013042201

成績は全くと言っていいほど振るいませんね。

「リスク・パリティ・ポートフォリオ」は、考え方としては、嫌いではないのですが、自分のポートフォリオに取り入れるとしたら、最大で全体の30%まで、といったように限定すべきかもしれません。

最後に、レポートを読んで思いついたアイデアをメモしておきます。

  • インデックス投信積立でリスク・パリティ・ポートフォリオ(単純)
  • 個別銘柄のROA、ROEの標準偏差をリスクとしてリスク・パリティ・ポートフォリオ(ほんとに有効?)
  • 分配金込みの債券、REITでのリスク・パリティ・ポートフォリオ(単純)

とりあえず、リスク・パリティ・ポートフォリオの組入比率を算出するプログラムを作成するところから始めてみようと思います。


↑↑投資に役立つブログランキングはこちら↑↑

コメント

このブログの人気の投稿

新興国株式ETF(EEMS・FM)を購入